カーポート

カーポートは屋根を設けることで、駐車した車を風雨や雪などから守ることができます。外気からのダメージが減少するので、汚れや錆などを防ぎ、洗車の手間を減らしたり車を長持ちさせることにつながるエクステリアです。他にも、直射日光を遮ることで日焼けや色あせを緩和し、夏場の車内温度の上昇を抑えることもできます。屋根があると、雨が降っている日の自動車の乗り降りの際に濡れる心配がないのもメリットです。カーポートはスタイルや素材、デザインなどが豊富で、住宅の外観に合った種類を選ぶことができます。基本的な構成は柱や梁などの本体に屋根材が設置されたタイプですが、オプションを追加することで使い勝手がアップします。照明や洗濯物干しは生活を便利にし、強風にも強い補強を行えば機能性を向上させることが可能です。

屋根材は機能性とデザイン性で選びましょう

カーポートの屋根材はポリカーボネートやFRP板、スチール折板などが用いられます。ポリカーボネートは耐衝撃性に優れ、防火性能も高いことから温度変化に強いのが特徴です。ブラウンやブルーなど透明または半透明なデザインが可能で、明るく開放的なイメージのデザインが人気です。FRP板も機能的にバランスの良い素材で、エンボス加工など模様を施すのに向いています。スチール折板は耐荷重性に優れることから、積雪の多い地方や強風が吹くことの多いエリアに最適です。デザインの人気は住宅デザインと連動していることが多く、近年ではシンプルで余計な装飾を省いたモダンなデザインの需要が高まっています。それぞれのパーツを選んで組み合わせることができるタイプは、他のエクステリアに使われている建材と同じものを選ぶことで住宅の外観に統一感を出すことが可能です。

2台以上の駐車に対応したタイプもあります

カーポートの形状は主に片側支持と両側支持の2種類が主流です。片側支持タイプは、左右のどちらかに柱を設置した形状で、柱は2本から3本設けられます。柱が片側にしかないため、狭い敷地でも駐車する際の出し入れに邪魔にならないのがメリットです。両側に設けた柱で屋根を支える両側支持タイプは、安定感がありデザインも幅広いのが特徴です。ワイドタイプならば、2台以上が駐車できるスペースを確保できます。さらに、余裕を持たせることでバイクや自転車などを置くスペースを用意したタイプもあり、駐車以外の用途に利用できるタイプもあります。高さは2メートル程度が一般的ですが、ハイルーフ用の2メートル30センチから50センチ程度の高さのものや、それ以上高いタイプもあり、車の種類やデザインによって選ぶことが可能です。